ビューティ情報『前かがみになっていない? 疲れない料理の仕方4つのポイント』

2019年9月20日 07:20

前かがみになっていない? 疲れない料理の仕方4つのポイント

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体)東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

疲れない料理の仕方

料理は手もとを見て行うので、つい前かがみになりがち。これが腰痛や肩こり、疲れの原因になっています。疲れない料理の仕方は4つのポイントを意識するだけ。

  • 脚のつけ根から上半身を倒す
  • 背筋はまっすぐそのままをキープ
  • ひざを軽く曲げ、突っ張らない
  • 足もとは片足を前に出す
  • また、かぼちゃなどの硬いものを切るときは、まな板をシンクの「中」に置いて、上から体重を乗せるように切ると、ムダな力を使わずに切ることができます。

    30日間の「カラダ改革」をもっと見る
    調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

    調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

    1,404円

    購入する

    肩こりや猫背を解消したいなら
    ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10回転がすだけ! フォームローラーで猫背改善ストレッチ

    『調子いい!がずっと続くカラダの使い方』(サンクチュアリ出版)

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.