ビューティ情報『カバンが重たい! そう感じたらすぐに試したいラクな持ち方』

2019年9月25日 07:20

カバンが重たい! そう感じたらすぐに試したいラクな持ち方

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体) 東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

荷物を胸の前で抱える

荷物を胸の前で抱えてみましょう。胸まわりの骨格(ろっ骨)の部分は歩行時に揺れにくいので、胸の前で荷物を抱えると安定しやすく、疲れにくくなります。

また、胸の前で両手を交差すると背中の筋肉が動きやすくなり、軽く感じます。

  • 背筋をまっすぐにしてお腹の力で荷物を抱える
  • 荷物を胸の前にぴたっとくっつける
この方法で、荷物を持ってみましょう。

ずっとこの持ち方をするのではなく、たとえば、「通勤時の電車内だけ」とか「坂を下るときだけ」など、自分でルールを決めて胸の前に抱えるようにしてみると、適度に疲れを解消できます。

30日間の「カラダ改革」をもっと見る
調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

1,404円

購入する

通勤中の足の疲れに!
疲れない歩き方のポイントは上半身に? ムダな力を使わない簡単法

ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

『調子いい!がずっと続くカラダの使い方』(サンクチュアリ出版)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.