ビューティ情報『サウナ入浴は何分がベスト? 自律神経、免疫系を高めるサウナの入り方』

2019年9月20日 05:30

サウナ入浴は何分がベスト? 自律神経、免疫系を高めるサウナの入り方

目次

・4. サウナに入ると免疫系を強化できる
・5. サウナは、心臓の機能を改善させる
・6.サウナは、脳卒中のリスクを下げる
・7.サウナはよいライフスタイルにつながる
サウナ
image via shutterstock
サウナは使い方次第で、健康にとても役立ちます。

前回に引き続き、知っておくべきサウナの効用を紹介しましょう。

  • 25分間のサウナ入浴をすると、軽いトレーニングと同じくらい体力を使うことになる
  • サウナをよく使う人ほど、将来の精神疾患リスクが低下する
  • サウナに入ると、血圧を正常に維持しやすいは、こちらの記事で。
  • 4. サウナに入ると免疫系を強化できる

    深呼吸
    image via shutterstock
    風邪やインフルエンザの季節にサウナに入ることは、結構大事なんです。

    ポーランドの研究者が報告した2013年に研究によると、サウナを15分間利用するだけで、白血球、リンパ球、好中球、好塩基球の数を増やすことができるのです。これらは、免疫系が刺激されたというサイン。

    アスリートの場合は、更に効果が上回ることになります。サウナの熱により体にストレスが加わり、このことが免疫系の働くちょっとしたきっかけになる、と研究者は言っています。

    5. サウナは、心臓の機能を改善させる

    心臓
    image via shutterstock
    心臓専門医ジャリ・A・ラウカネン医師ら研究者は、フィンランド男性を対象に、研究開始時点で健康データを集めた上で、その後20年間にわたり追跡調査を行いました。

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.