ビューティ情報『サウナ入浴は何分がベスト? 自律神経、免疫系を高めるサウナの入り方』

2019年9月20日 05:30

サウナ入浴は何分がベスト? 自律神経、免疫系を高めるサウナの入り方

そして、サウナにいくほど、またはサウナで長い時間を過ごすほど、調査期間中に起こる心臓発作や心臓病による死亡率を減らしていけることを確認したのです。

この研究は、2015年に『JAMA Internal Medicine』誌で発表されています。「定期的なサウナ入浴を続けることで、血管の拡張機能を高め、動脈壁が固くなることを低下させ、自律神経系の調節機能を改善させることができます。また、全身の血圧を下げることにより、心臓の健康を改善させる可能性があるのです」とラウカネン医師は解説しています。

6.サウナは、脳卒中のリスクを下げる

脳
image via shutterstock
週4~7回、サウナを利用した男女は、週に1回だけサウナに行く人よりも脳卒中を発症する可能性が61%低くなりました。これは『Neurology』誌に掲載されたラウカネン医師らによる2018年の研究で報告されたものです。

こうした関連性は、脳卒中の危険因子につながる糖尿病、BMI、アルコール消費、身体活動などの状況によらず、変わりはありませんでした。研究者は、なぜこうした関係があるのかという正確なことは突き止めていないのですが、ここまで述べてきたことが複雑に関係しているのだろうと見られています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.