ビューティ情報『乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?』

2019年9月19日 22:45

乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

遺伝子検査をめぐっては、不安や疑問、迷いが渦巻きます。

不安を感じたら、まず遺伝カウンセリグを

気になる人は、まず、【遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の特徴チェックリスト】を行ってみましょう。

その結果、不安があったら、「遺伝カウンセリング」で相談して、正しい情報を得てください。

遺伝子研究が急速に進み、今後、遺伝子(ゲノム)医療が主流になってきます。自分の健康を守るために、自分の体の情報を詳しく知ることはよりいっそう大切です。正しい情報を知って一歩前に前進しましょう。

遺伝カウンセリングを受けたからといって、必ず遺伝子検査を受けなくてはならない、ということはありません。カウンセリングで相談してから、遺伝子検査を受けるかどうかは、そのあとでじっくり考えて決めることができます。

遺伝子カウンセリングでは何をするの?

54_7shutterstock_558908494

遺伝カウンセリングでは、患者さんやその家族が抱えている遺伝子に関する不安や疑問に対して、詳しい情報を提供しながら、今後どのように過ごしていくかをサポートしてくれます。

遺伝カウンセリングでわかること
・遺伝子検査でわかることは何か
・検査の限界はどこにあるのか
・検査結果によって得られるメリット、デメリットは何か
・検査結果を知った後に予想される心理的、社会的な問題など
を事前に情報提供します。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.