ビューティ情報『乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?』

2019年9月19日 22:45

乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

遺伝カウンセリングで多くの情報を与えて不安を募らせるのではなく、相談後は医療者が寄り添って、今なにができるかを一緒に考えるために行うのです。

遺伝子検査には、がん本人用と家族用があります

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)の遺伝子検査は、どのようなものでしょうか?

自分が乳がんになった場合の検査と、その血縁者の検査があります。

ここでいう遺伝子検査とは、通信販売で購入して自分で検査するような簡易なものではありません。また、美容やアンチエイジングの遺伝子検査とも異なります。医療者のカウンセリングの後に、がん専門の医療機関で行う遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)専用の遺伝子検査です。

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)が疑われる場合に行う遺伝子検査は、BRCA1、BRCA2遺伝子を分析、解析して、病的な変異があるかどうかを調べます。

【遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の特徴チェックリスト】で疑わしく、遺伝カウンセリングを受けたうえで、納得して選択した方が受ける検査です。

この検査には、“発端者向け検査”と“血縁者向け検査”があります。“発端者向け検査”は、乳がんや卵巣がんを発症し、家族歴などをみて、HBOCであることを疑うきっかけになった人への検査です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.