ビューティ情報『乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?』

2019年9月19日 22:45

乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

ですから、遺伝子検査で陰性だからといって、乳がんに決してかからないわけではありません。

また、“陽性”でも、必ず病気を発症するわけではありません。そして、いつごろ発症するかも、検査ではわからないのが現状です。

遺伝子検査を受ける前に知っておくべき重要なこと

検査を受ける前に、大事な選択を決めておく必要があります。「家族に伝えるべきかどうか?」です。家族には「伝えない」という選択をする人もいます。家族への相談は大切です。結果も、伝えれば、有効に活用できます。しかし、“伝えない”という選択肢も。

遺伝子検査は、ほかの検査と違って、結果が自分だけでなく、親族に広く影響を及ぼします。結果が陽性だった場合、親や兄弟姉妹、子どもに同じ遺伝子がある可能性が50%(2分の1の確率)になります。おじ、おば、いとこなどにもすべて可能性があります。すでにがんを発症している、がんを発症していない、男性、女性かも関係なく、可能性が生じます。

その意味でも事前に、家族に相談しておくことは大切です。

もし結果が陽性ならば、血縁者にはその結果を伝えて、“血縁者向け検査”を受けたり、病気の予防をするなど、結果を有効に活用してもらうことができます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.