ビューティ情報『乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?』

2019年9月19日 22:45

乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

遺伝子検査の結果を家族に伝える? 伝えない?

54_4shutterstock_1215240034
ただし、事前に遺伝子検査をすることを話すことで、反対する家族や血縁がいる可能性も考えられます。また、血縁者に不安を与えたり、その人の将来などを考えて、陽性と結果を伝えることを躊躇する場合もあります。

その血縁者との関係性によっても違いますし、誰に結果を伝えるか、いつ結果を伝えるか、そのタイミングなども、事前に考えてから検査を受けることが大切です。

自分ではうまく話せない場合、家族にも遺伝カウンセリングに一緒に来てもらって、話を聞いてもらうのもいい方法でしょう。

もちろん、家族の心の負担を考えて悩んだ末に、自分は検査を受けたが、血縁者には“伝えない選択”をする人もいるといいます。

大切なのは、どんな結果が出たとしても、その結果を自分のため、家族のために有効に生かせると思えるかどうかです。結果で得られるメリットが少ないと考えるなら、カウンセリングを受けて、検査をしないという選択もあるのです。

一度、遺伝子検査を断っても、時間が経ってから検査を受けることもできます。

たとえば、遺伝子検査を考えた末、一度は断念。しかし数年後、血縁者に乳がんや卵巣がんが発症し、家族歴が変わり、遺伝子検査を選択したケースもあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.