ビューティ情報『生理じゃないのに下腹部痛? 「子宮内膜症」のサインと具体的な治療法』

2019年10月10日 05:30

生理じゃないのに下腹部痛? 「子宮内膜症」のサインと具体的な治療法

目次

・4. トイレに行くと圧迫感や痛みを感じる
・5. 生理と生理の間にも痛みを感じる
・6. 生理中の出血量が多い
・7. 不正出血がある
・子宮内膜症の対処法
子宮内膜症
image via shutterstock
不妊の重大な原因にも……。

「子宮内膜症とは、子宮内膜という組織が、子宮の外、特に骨盤内で増えて炎症を起こす病気です」とスタンフォード大学産科学および婦人科学の臨床准教授であるジェニファー・コンティ医師。

前回は子宮内膜症の基礎知識と、子宮内膜症かもしれない主なサインを3つ、紹介しました。

  • 生理痛が極端にひどい
  • セックスで痛い
  • なかなか妊娠できないは、こちらを。
  • 今回も引き続き、どんな症状があるか見ていきましょう。

    4. トイレに行くと圧迫感や痛みを感じる

    トイレ

    トイレを我慢しなければならないほど不快なことはありません。特にその我慢する理由が“痛み”であればなおさらです。

    残念なことに、子宮内膜症はこういうことにまで影響します。

    「子宮外に増殖した子宮内膜組織も女性ホルモンのサイクルに反応して出血します。しかしその出血は排出されず、そしてその剥離した瘢痕(はんこん)組織が生理のたびに骨盤内に溜まっていき、痛みが生じるのです。それは膀胱や直腸も例外でなく、これが痛みの原因となります」(ニューヨークを拠点とする婦人科医で『The Complete A to Z for Your V』の著者でもあるアリッサ・ドウェック医師)

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.