ビューティ情報『研究でわかった、植物性と動物性タンパク質を一緒に摂るメリットとは?』

2019年10月23日 21:45

研究でわかった、植物性と動物性タンパク質を一緒に摂るメリットとは?

目次

・タンパク質はためられない。前夜が焼き肉でも不足に
・大豆タンパク質が筋萎縮を防ぐ
・タンパク質は「毎食適量」が大前提
タンパク質豊富な食材

近年、筋肉づくりや美容・健康のために、タンパク質に注目する人が増えています。

しかしキューサイ株式会社が実施した調査によると、じつは多くの女性が「タンパク質を摂るのは大変」だと感じているとのこと。キューサイ株式会社主催のセミナーに登壇した3人の専門家の講義から、最新の研究成果を生かした「タンパク質摂取のコツ」をご紹介します。

タンパク質はためられない。前夜が焼き肉でも不足に

肉

最初に登壇されたのは、ママドクターとして活躍する小児科医の伊藤明子先生(赤坂ファミリークリニック院長)。現代女性に見られるタンパク質不足の一因は、タンパク質の性質にあると話します。

伊藤明子先生 :

タンパク質は摂取後すぐに、早いケースでは3分後には胃と小腸で分解・吸収されるので、貯蔵できません。前の晩に焼き肉をたくさん食べたとしても、次の日の朝にはタンパク質が枯渇してしまうのです。

タンパク質が不足すると、美と健康・メンタルにさまざまな影響を及ぼします。脳内ホルモンも材料はタンパク質なので、認知力が低下したり、イライラや痛みを感じやすくなることも。

そして40~50代の女性の場合、「タンパク質といえば豆腐」という思い込みも心配だと伊藤先生。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.