ビューティ情報『生理のときどうしてる? 人前で話せないお悩みや失敗談、セルフケアも』

2019年10月1日 12:00

生理のときどうしてる? 人前で話せないお悩みや失敗談、セルフケアも

目次

・「生理不順にピル」は定着していない?
・生理痛のつらさ。失神するほどの痛みが月1回
・経血漏れは序の口。みんなの生理失敗談
・頼れるアイテム。いざというときは「鎮痛剤」
・鎮痛剤が効かないときはどうする?「生理痛は我慢」派が多数
・不調を緩和するためのセルフケアは?
・使用する生理用品は? ナプキン派が圧倒的多数
・生理に関する悩みと疑問
ナプキン

生理と女性ホルモン。この2つを上手にコントロールできたら、人生はどんなに快適になることでしょう。他人には話しにくいと思いがちですが、語り合うと多くの発見があるのも「生理」というテーマの興味深さ。

読者855人のアンケートから、生理との向き合い方や忘れられない失敗談をご紹介します。

「生理不順にピル」は定着していない?

生理に関するアンケートグラフ

女性を不安にさせる生理不順。855人中の20%は生理が不定期であるという認識があるものの、ピルを使用している人は10%未満と少数派でした。

ピルを使う理由として多かったのは、「子宮筋腫対策」「生理周期のコントロール」「PMSの改善」など。

2つの円グラフのひらきをみると、生理コントロールというピルの役割はまだ定着していないのかもしれないという印象です。

生理痛のつらさ。失神するほどの痛みが月1回

生理痛に関するアンケートグラフ
※アンケート「生理時の不調TOP5」(画像右)は複数回答
36%の読者にとって、生理痛は「ひどい」と形容したくなるほどの痛みでした。痛み止めなしでは生活できないという人も多く、「痛くて一日中動けない」「失神したことがある」というコメントも複数寄せられました。

生理時の不調のトップは腹痛でしたが、回答数をみると複数の症状を併発していることがわかります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.