ビューティ情報『マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ』

2019年10月9日 21:45

マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

目次

・3年ぶりのフルマラソンに挑戦
・生まれて初めての衝撃体験
・妊娠中もさらしを巻いてランニング
・悔しくて「もう走れない」と思った出来事
・ラン再開! 食は「脂」の摂取が課題
・トレーニングに欠かせないアイテムは?
・気持ちと体が整えば、チャレンジはいつでもできる
長谷川理恵

ランニング歴17年、自己ベスト3時間15分の記録を持つモデルの長谷川理恵さん。2000年からホノルルマラソンをはじめ数々のマラソン大会に出場し、日本人女性のランブームを牽引してきた彼女にも、ランから離れかけた時間があったといいます。

出産と子育て、橋本病の治療を経て、再びマラソンと“濃い時間”を過ごしているという長谷川さん。いま実践している運動や食のこと、フルマラソン完走を目指す女性へのメッセージをうかがいました。

3年ぶりのフルマラソンに挑戦

長谷川理恵

2019年11月10日に開催される「横浜マラソン2019」で、「Challenging Women プロジェクト in YOKOHAMA」のプロジェクトリーダーを務める長谷川さん。フルマラソン完走を目指す100人の女性をサポートしながら、自身も3年ぶりとなるマラソンのためのトレーニングに励んでいます。

長谷川理恵 :

子育てしながら練習時間がとれるのか。45歳のいま、体は大丈夫なのか……正直、不安もあるけれど、あの“濃い時間を生きられる感覚”が忘れられない。やっぱりマラソンはやめられないですね。

生まれて初めての衝撃体験

長谷川理恵

長谷川さんがランを始めたのは20代後半。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.