ビューティ情報『女性におこりやすい泌尿器のトラブル。4大原因と防ぐ方法は?』

2019年10月2日 20:30

女性におこりやすい泌尿器のトラブル。4大原因と防ぐ方法は?

目次

・1. 生理用品
・2. サイズが合っていない下着
・3. セックス
・4. 閉経
腎臓

あのツーンとした痛み、放っておいていませんか?

米国国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)の解説によると、約6割の女性が人生に一度は泌尿器感染症になったことがある、それも4人に1人は再び感染に悩まされたことがあるそうです。男性もなることはあるのですが、女性の方がもっと一般的。

というのも、女性は体の構造上、尿道(尿が流れる管)が男性ほど長くないので、泌尿器感染症を引き起こす細菌が膀胱に入ってきやすいのです。

「人間の尿路は、細菌の侵入を防ぐようできています。ところが、うまくいかないことも」と、インディアナ州立大学で産科学および婦人科学の専門医であるケリー・M・キャスパー医師。「そうなると細菌が繁殖し、感染症にいたってしまうわけです」。 泌尿器感染症で多くみられるのは、排尿痛、残尿感、尿の変色や刺激臭、骨盤痛、けん怠感のほか、感染が悪化すると発熱も。

症状が出たらはずかしく思わないで。処方される抗生物質で症状がすぐになくなる場合もあるのです。治療が遅れると、腎感染など、症状がさらに重症になることも。

もちろん一番よいのは、原因をつくらないこと。女性に多い泌尿器感染症の原因と、どうすれば防げるかのヒントを紹介します。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.