ビューティ情報『閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?』

2019年10月17日 21:45

閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

目次

・閉経後女性の乳がん予防に「低脂肪食」が有効?
・低脂肪食グループは乳がんによる死亡リスクが21%低い
・肉や乳製品の摂取はほどほどにすべき!?
低脂肪食

閉経後女性の乳がん予防に「低脂肪食」が有効?

野菜や果物が豊富で栄養バランスに富む低脂肪食により、閉経後の女性の乳がんによる死亡リスクが低減することが、アメリカで行われたランダム化比較試験である、「女性健康イニシアチブ(WHI)」研究で示されました。

この研究では、食事の改善が閉経後の女性の健康に及ぼす影響について検討しています。米国40カ所の施設から参加した、乳がんの既往がない50~79歳の閉経後女性48,835人(80%が白人)を対象としたもので、1993~1998年の間に、女性を1日の総エネルギーに占める脂肪の比率が20%以下となるようにし、また野菜・果物・全粒穀物を1サービング(標準的な1回分の摂取量)以上摂るよう指導する低脂肪食グループ、または脂肪のエネルギー比率を32%以上とする一般的な食事を続けるグループにランダムに割り付けて比較検討を行いました。

低脂肪食グループの女性がこの食事療法を継続した期間は約8.5年間で、研究介入を行う期間が終了した後も、参加したすべての女性を中央値で19.6年間にわたり追跡調査しています。低脂肪食グループの女性のほとんどは脂肪のエネルギー比率の目標(20%以下)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.