ビューティ情報『がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」』

2019年10月22日 05:30

がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

目次

・1. マーシャ・クロス
・2. メリッサ・エスリッジ
・3. マイケル・C・ホール
・4. ヒュー・ジャックマン
・5. アン・ロムニー
・6. エリック・シャントー
・7. クリスティーナ・アップルゲイト
・8. ワンダ・サイクス
・9. マウラ・ティアニー
医師
image via shutterstock
芸能人やスポーツ選手の中にも、「がん」に立ち向かい克服した人は大勢います。

治りにくく難しいこの病気を乗り越えるには、何を大切にするとよいのでしょうか? あえてやらないという選択は? 9人の声を集めました。

1. マーシャ・クロス

マーシアクロス

ドラマ『Jane the Novela(原題)』 に出演する人気女優のマーシャ・クロスは、2018年に肛門がんの経験をインスタグラムで告白しました。

「生きていることに感謝と喜びを感じているけど、髪が抜けてしまったことが悲しい。まだ数センチしか伸びてなくて、すごく変だわ。がんで髪の毛を失った人いませんか? 私と話しましょう。あなたの気持ちがわかるわ」

マーシャは自身の体験を語ることで、肛門がんに対するイメージを変えたいと願っています。不調を感じたときは恥ずかしがることなく医師に相談してほしい、と呼びかけます。

2. メリッサ・エスリッジ

メリッサ・エテリッジ

アメリカのシンガーソングライター、メリッサ・エスリッジは、2005年のグラミー賞にスキンヘッド姿で登場し、大きな話題を呼びました。授賞式後、『Shape』誌のインタビューに答えていました。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.