ビューティ情報『一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話』

2019年10月14日 05:30

一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

目次

・卵巣の働きとは?
・卵巣にはいくつ卵子があるの?
・閉経した後、卵巣はどうなるの?
卵巣

卵巣は子宮の両脇にある、イチジクのようなかたちをした臓器。

女性の生殖にとって、とても重要な役割があります。一方、ほかの面でも体にとって大切な働きをしています。そもそも卵巣はどこに? 卵巣の機能とは?そして、卵巣の健康を保つために注意すべきことは?

卵巣について知っておきたいことをまとめます。

卵巣の働きとは?

1. 卵胞を蓄える
卵胞
image via shutterstock
卵巣の働きのなかでもいちばんよく知られているのは、女性の卵胞を蓄えること。

卵胞の大きさはとても小さく、その中にヒトのDNAを持った卵子があります(女性のDNAの半分を持ちます。卵子が精子と出会って受精することで、精子の中に含まれている男性のDNAの半分と合わさり受精卵に)。

毎月、たくさんの卵胞が育ちますが、成熟するのはたったひとつの卵胞だけ(あるいは、ふたつだった場合は双子になります)。卵巣からとびだした卵子は卵管を通って子宮に向かい、そこで精子と出会ったり、出会わなかったりするわけです。

2. ホルモンを産出する
生殖器

卵巣は、長い期間にわたり卵胞をたくわえることのほかにも、とても大切な働きをします。それは、ホルモンをうみだすこと。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.