ビューティ情報『ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」』

2019年10月12日 05:30

ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

目次

・1. 寝る前に「仕事のことを考えない」というルールは、いっそ無視する
・2. 寝る前に室温を下げる
・3. 一晩中、扇風機をつけておく
・4. 夜のおやつにピーナッツバター&マヌカハニー
・5. LEDの青い光は枕で隠す
・6. 下半身トレーニングをして体を疲れさせる
男性

普段から体のことを気遣っているプロフェッショナルな人々は、毎日ぐっすり眠るためにどのような工夫をしているのでしょうか。

トレーニング動画を配信するobéフィットネスの創設者のひとり、マーク・マレットさんは、睡眠にかなりこだわる派。寝る場所や枕、温度がぴったり自分好みでないと寝られません。

「これまで何十年も睡眠に苦しんできました」と話すマレットさんに、試行錯誤の上にたどり着いたという睡眠習慣を教えてもらいましょう。

1. 寝る前に「仕事のことを考えない」というルールは、いっそ無視する

仕事
image via shutterstock
運動をしたり、おいしいものを食べたり、リラックスして過ごした日曜日もそろそろ終わり。夕方には心身をリセットし、次の週に気持ちを切り替えます。蒸し魚メインの軽い夕食を食べた後、同僚に電話して、カレンダーで予定を確認。病院の先生に言われた通り、10時には就寝しました。

寝る前に仕事のことを考えるのはよくないと言うけど、現実的には考えざるを得ない。それに正直、この時間に一番頭が冴えるんだ。子どもの頃は、日曜日の夜を迎えるのが辛かったけれど、今はこの時間が結構好き。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.