ビューティ情報『乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?』

2019年10月15日 21:45

乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

目次

・乳液とクリーム、いずれも明確な定義は存在しない
・自分に合った乳液、クリームの選び方は?
・スキンケアに過度な「手抜き」は禁物
乳液
image via shutterstock
MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。

今回は、「乳液とクリームの違いは?」というお悩み。どちらもスキンケアの最後の方に使うイメージがありますが、どんな違いがあるのでしょうか?

化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに伺いました。

乳液とクリーム、いずれも明確な定義は存在しない

クリーム
image via shutterstock
洗顔後のスキンケアは、化粧水や美容液で肌にうるおいを与え、乳液やクリームで油分を補い「フタ」をすればいい……、そんなイメージはなんとなく誰もが持っているもの。

そもそも、乳液とクリームは何が違うのでしょう。

「乳液もクリームも、水分と油分が混ざり合って乳化しているものです。実は両者を分ける明確な定義はありません。

今はスキンケアのテクスチャーも多様化していて『液状のクリーム』『ゲル状(固体)の化粧水』なんてものも出てきているほど。

分類や呼び名は、メーカーに委ねられている部分が大きいのです。ただ一般的に考えれば、乳液は液体、クリームは固体。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.