ビューティ情報『放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ』

2019年10月17日 05:30

放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

目次

・卵巣がんは死亡率が高い!
・なぜ卵巣がんは、診断されにくい?
卵巣がん
image via shutterstock
別名、サイレントキラー(静かな殺し屋)。

卵巣がんは、女性のがんとしては死亡率が5番目に高いもの。米国がん協会(ACS)によると、毎年卵巣がんと診断される女性2万2530人中、1万4000人近くがそのせいで亡くなります。

その大きな原因は、卵巣がんが発見されにくいこと。検診の不足や診断がむずかしい症状などさまざまな要素が重なった結果、診断される頃にはがんがすでに卵巣の外まで達し、ステージの進んだ段階になっているケースが多いのです。

ですから、自分のリスクを知ることがとても大切になります。家族に卵巣がんになった人がいること、年を重ねるとリスクが上がることのほかに、卵巣がんになりやすくなる要素が数多くあります。卵巣がんがどうしてそんなに危険なのか、女性に知って欲しいことを専門家がお伝えします。

卵巣がんは死亡率が高い!

卵巣癌
image via shutterstock
卵巣は、エストロゲンなどの女性ホルモンと卵子を作る2つの「腺」で、アーモンドくらいの大きさです。

この卵巣に悪性の腫瘍ができる「卵巣がん」は、婦人科の(つまり、女性特有の)がんのひとつで、腫瘍のタイプによって3つに分けられます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.