ビューティ情報『肩こり、腰痛、動悸、息切れ…。医師にきく症状別「更年期対策」』

2019年10月23日 12:00

肩こり、腰痛、動悸、息切れ…。医師にきく症状別「更年期対策」

目次

・更年期は、女性が女性として生きる「通過点」に過ぎない
・更年期に、さまざまな不調が起こるのはなぜ?
・更年期特有の症状は、どうやって治療する?
・更年期症状の緩和につながるセルフケアと自己管理能力
更年期に悩む女性

女性ホルモンの分泌と生理がある女性にとって、切っても切れないのが「更年期」。以前は「女も終わり」「つらく苦しい暗黒期」なんてイメージを持つ人も多かったかもしれません。

しかし「誰にでも訪れる通過点なのだから、あまり構えすぎないでください」と語るのは、Dクリニック東京 ウィメンズ 院長の浜中聡子先生。

更年期とは何か、そして更年期にきたしやすい不調と治療、今から始めたいホームケアについて教えていただきました。

更年期は、女性が女性として生きる「通過点」に過ぎない

更年期と女性

更年期とは一般的に、閉経前後の約10年間のことを言います。日本人女性が閉経を迎える年齢の平均が50.5歳であることを考えれば、45歳から55歳がその期間の目安。

そんなに長い間、さまざまな不調に悩まされるなんて気が重くなります。しかし「決して悲観的に考える必要はありません」と浜中先生。

浜中先生 :

女性は、小児期、思春期、成熟期などといわれるさまざまな期間を経て、人生を歩んでいます。

更年期はその期間のひとつで、女性として生きるなら誰もが迎える通過点。ですから、あまり深刻に考えすぎないでほしいのです。

更年期というワードを聞くだけで「つらい」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.