ビューティ情報『生理時の出血量(経血量)が多い! 月経過多の目安と治療方法は?』

2019年10月19日 19:00

生理時の出血量(経血量)が多い! 月経過多の目安と治療方法は?

目次

・正常な生理の出血量の目安は?
・過多月経だと何が怖い?
・過多月経のおもな原因となる病気は?
・生理はそんなにつらくない! ひどい過多月経は治療しましょう
ナプキンを持つ女性

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「生理前にメンタル症状が強く出るPMDD」について、お届けしました。今回は、「生理の出血量が多い過多月経」を女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

正常な生理の出血量の目安は?

月経過多

自分の生理時の出血量(経血量)が多いかどうかは、気になるところです。ナプキンから漏れ出したり、ナプキンを換える頻度が多かったり……。でもこのくらいは正常なのか? それとも多すぎるのか? 人と比べようがないので、わかりにくいと思います。

けれども、経血量が多いと過多月経の可能性があり、病気が隠れていることも考えられます。経血量が気になる女性へ、見極め方をお伝えします。

経血量は個人差が大きいですし、また同じ人でも、ホルモンの状態によって、経血量が変化することもあります。今までとずっと変化がなければ、気にすることはありませんが、ただ、経血量が異常に多くなったり、極端に少なくなった場合は、何かのサインかもしれません。

成人女性では、目安として20~140mlくらいが平均的な月経血量と言われています。量が多い生理開始1日目~3日目で、ナプキンを昼間2時間おきに換える程度であれば一般的です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.