ビューティ情報『高性能「空気清浄機」のような働きをする体のある部分ってどこ?』

2019年11月14日 07:20

高性能「空気清浄機」のような働きをする体のある部分ってどこ?

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

鼻呼吸

冷たく乾燥した空気を口から吸いこむと、そのまま直接のどに入りやすく、気管を痛める原因になります。

一方、鼻から吸い込むと、のどに流れていく過程で温度30℃前後、湿度90%前後にまで加温・加湿されるので、鼻呼吸をすると、潤いがあって温かい空気がのどの奥から肺へ流れていくことに。

さらに、鼻から吸い込まれたゴミやほこり、細菌、ウイルスなどの異物は、鼻の粘膜でつくられる粘液と、鼻の奥の内側を覆っている綿毛の運動によって絡みとられ、鼻の奥に流れていき、排出されます。

つまり、鼻は超高性能の空気清浄機であり、加湿器であり、異物除去装置なのです。風邪予防には「鼻呼吸」を意識しましょう。

明日は「鼻水」について解説します。

30日間の「風邪・インフルエンザ対策」をもっとみる
一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

1,512円

購入する

「鼻呼吸」できてる?
左右で偏ってない? 鼻呼吸のバランスを整える

疲れやすいひとは酸欠状態かも?呼吸法を変える4つの方法

『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』(ダイヤモンド社)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.