ビューティ情報『透明、白、黄色、緑。鼻水の色が表す重大なサインとは?』

2019年11月15日 07:20

透明、白、黄色、緑。鼻水の色が表す重大なサインとは?

風邪やインフルエンザが猛威をふるうこれからの季節。今年こそ「正しいケア」で撃退しましょう。絶対に風邪をひきたくない人へ、風邪対策の新常識を毎日ひとつずつお届けします。

鼻をかむ女性

鼻水は、透明、白、黄色、緑色と、色にバリエーションがあります。色だけでなく、サラサラ系やネチョネチョ系など、形状にも違いが。この、色や形状、粘り具合を確認すると体調悪化のシグナルを察知することができます。

実は、私たちの鼻の中では、毎日1~2リットルもの鼻水がつくられています。健康なときは透明でサラサラ。鼻に入った細菌やウイルスを排出する役割があります。

白い鼻水は、風邪の原因となるウイルスや、それらと戦った白血球の死骸が混じることによって発生すると言われています。白い鼻水が出たときは、風邪のひきはじめのサイン。

黄色っぽい鼻水は、白いものよりもウイルスや細菌、白血球の死骸がさらに増加している状態。まさに今、免疫が機能し、ウイルスと戦っているサインです。すでに風邪をひいている状態です。

病原体が鼻の奥の「副鼻腔」という空洞に入り、炎症を起こして副鼻腔炎(蓄膿症)が発症し、膿の混ざった黄色〜緑色の鼻水が出ることがあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.