ビューティ情報『教授がぶった斬る! 「細くてきれいな脚」が危険な理由』

2019年11月28日 12:00

教授がぶった斬る! 「細くてきれいな脚」が危険な理由

目次

・第2回 まとめ
・運動しないで食事制限をすると、サルコペニア予備軍に
・サルコペニアかどうかは、ふくらはぎの太さでチェック
・筋肉がなくなると、骨も弱くなる
・【今日の宿題】美脚&ヒップアップ効果のある「バレエ・スクワット」
階段を駆け上がる女性

秋冬の森谷筋肉塾。前回は、ぽっこりお腹を解消するには、内臓を支える筋肉が重要だと教えていただきました。

第2回は、みんなが憧れる「スラリと細い脚」について。健康的で美しい脚になる方法をお聞きします。

第2回 まとめ

  • 運動しないで食事制限をすると、サルコペニア予備軍に
  • サルコペニアかどうかは、ふくらはぎの太さでチェック
  • 筋肉がなくなると、骨も弱くなる

運動しないで食事制限をすると、サルコペニア予備軍に

ヘルシーな食事をとる女性
――今日は、スラリと伸びた細い脚になるにはどうしたらいいのか、教えてください。
森谷塾長 :

「スラリ」というのが、ちょっと引っかかるけど……。まぁ、いいでしょう。

歩くスピードが速い人は長生きしますし、遅い人は早死にするという研究結果も出ているくらい、下半身の筋肉はものすごく大事です。

運動をしていないと、30歳前後から筋肉量は少しずつ減っていきます。高齢者になるとそのスピードは加速して、1年に3%くらいずつ筋肉量が減っていくことも。

加齢で筋肉の量が減ることを「サルコペニア(加齢性筋肉減少症)」と呼びますが、聞いたことありますか?

――はい、「人生100年時代」と言われるようになって、高齢者の問題としてよく耳にするようになりました。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.