ビューティ情報『冷え性は放っておいても治りません。専門医が教える2つのタイプとは?』

2019年11月7日 12:00

冷え性は放っておいても治りません。専門医が教える2つのタイプとは?

目次

・「冷え性」って病気なの?
・「冷え“症”」には2つのタイプがある
・「冷え性タイプ」チェックリスト
・現代の冷えは「血(けつ)→水(すい)→気(き)」の順序で進む
寒がる女性

手足の先が冷たくて寝つけない、下半身は冷えるのに上半身はのぼせる……。「冷え性」に悩む女性は増えていますが、そもそも冷えとは何なのか、なぜ冷え性になったのかを把握している人は少ないのではないでしょうか。

「冷えを我慢して放っておくと深刻な病気につながることもある」と話すのは、漢方医学専門医である南雲久美子先生。西洋医学と東洋医学の両面から冷えを治療してきた南雲先生に、知らなかった冷えのメカニズムを教えていただきました。

「冷え性」って病気なの?

病院

南雲久美子先生が院長をつとめる目黒西口クリニックは、冷え性や自律神経失調症に悩む女性の駆け込み寺として知られます。

西洋医学の見立てでは、冷えは末端の血管が収縮して、皮膚への血液が不足している状態。足腰など体の特定の場所が冷たく不快な状態が続く場合などでも「冷え性」とされますが、明確な治療法はなく、血行改善のためのビタミンE剤が処方されることが多いそう。

南雲先生 :

つまり西洋医学では、冷えは病気ではなく、血液の循環が悪い体質という捉え方なのです。

しかし東洋医学では、2000年以上前の教科書にも「冷えは万病のもと」と書かれています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.