ビューティ情報『タートルネックはNG? 専門家に聞く、実は間違った冷え性ケア』

2019年11月8日 12:00

タートルネックはNG? 専門家に聞く、実は間違った冷え性ケア

目次

・温め方を間違うと悪化! 冷え性タイプにご用心
・下半身は冷え、上半身は熱くなる「冷えのぼせ」
・やってはいけない「温め」ケア
・冷え性対策、3つの基本
雨の中歩く女性

漢方医学専門医の南雲久美子先生に聞く「冷え性のメカニズムと対策法」。冷え性の2つのパターンを解説した前編に続き、後編ではタイプ別の温めケア方法や、最近増えているという「冷えのぼせ」についてお話をうかがいます。

温め方を間違うと悪化! 冷え性タイプにご用心

雪の中にいる厚着をした女性

冷え性対策でやりがちなのは、自分の「冷え性タイプ」を知らずに間違った温め方をしてしまうこと(冷え性タイプは前編でチェック)。

生まれつき寒さに弱い先天性冷え症は、とにかく体を温めることが対策になります。しかし後天性冷え症は、症状が進行した状態の「冷えのぼせ」になりやすいことが特徴のひとつ。温め方を間違うとかえって悪化してしまうのです。

下半身は冷え、上半身は熱くなる「冷えのぼせ」

熱を出す女性

「冷えのぼせ」とは、下半身は冷えているのに上半身はボーッと熱くなること。

  • 上半身は冷えを感じていないのに手足は冷たい
  • 気温・運動などの暑くなる条件のあと、胸より上がカーッと熱くなり、汗がどっと出る
こんな人は、「冷えのぼせ」の可能性があります。

南雲先生 :

冷えが続くと頭部が熱くなり、手足の末端や下半身との温度差が激しくなることから「冷えのぼせ」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.