ビューティ情報『「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?』

2019年11月15日 20:30

「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

事実、米国ではメラノーマは皮膚がんによる死亡の大半を占めています。

米国がん協会によれば、外陰部の黒色腫に対する通常の治療は、腫瘍とその周囲の健康な組織を取り除き、さらにリンパ節切除を行うとのこと。しかし、場合によっては放射線療法や化学療法、または免疫療法、さらにはそれらを組み合わせることが必要になる可能性があります。

がんはストラップさんのリンパ節に広がっており、手術と1年間の免疫療法を受けました。「この9月に、やっと最後の治療が終わりました」とストラップさん。

それでも、がんが無くなったとは宣言されていません。「がんが無くなるまでには多くの段階を踏まなければなりません。でも、もうすぐそこまで来ています!」とストラップさん。

しばらく経ってから再検査を受けることになっていて、その時点から、がん専門医の主治医が5年計画を作成します。

月に一度のセルフチェックが大事!


ストラップさんは、他の人が自分の病気から学んで欲しいと言います。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.