ビューティ情報『「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?』

2019年11月15日 20:30

「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

「性器の問題について、主治医にはっきりと話すのは簡単ではありません。気がかりなことがあるなら、医師のところに行って医学的な意見を聞いて下さい。そうすれば、確信が持てます」

一方、外陰部の黒色腫が、ストラップさんにどのようにできたのかについては「まだわかっていません。でも、どんな場所にでもメラノーマはできる可能性があります。知識はまさに力となります。自分の健康は自分自身で守りなさい」と強い口調で言っています。

セルフチェックの方法
これをきっかけに月に1回は、自分でチェックしましょう。

手鏡を使って、(こうした皮膚がんの徴候のような)変な染みがないか探してみましょう。

何らかの色素性病変、特に、さかいめがガタガタしている、厚みがでこぼこしている、あるいは色にムラがある状態が急速に広がっていると思われる時には、ただちに病院で検査してもらいましょう。体の変化に気がつくには
「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

わかりにくい「女性の難病」。頬が赤い、口内炎が治らない…

Korin Miller/This Woman’s “Ingrown Hair” on Her Vagina Turned Out to Be Melanoma/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.