ビューティ情報『インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは…』

2019年11月18日 20:30

インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは…

目次

・Q1. 予防接種はしたほうがいいのでしょうか?
・Q2. 流行るものと違うタイプのワクチンを打ったら効かないの?
考える女性
image via shutterstock
予防接種、受けていますか?

米国では毎年秋、インフルエンザの予防注射を受けるようにと公衆衛生局が促しているものの、大半の人が毎年この訴えを無視している状況にあります。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2010年以降、インフルエンザワクチンの接種を受けた成人の割合は40%程度から動いていません。

その結果、毎年数百万人がインフルエンザにかかり、2017〜2018年のインフルエンザシーズンの患者数はおよそ4900万人でした。CDCによると、数十万人が入院し、7万9000人を超える人々が亡くなりました。毎年もっと多くの人がインフルエンザワクチンを接種すれば、この多くが予防できるだろうと考えられています。

今回は、インフルエンザの予防接種に関する疑問について、医師陣がお答えします。

Q1. 予防接種はしたほうがいいのでしょうか?

鼻をかむ女性

予防接種をパスする人の大部分は「個人の自由」と思っています。影響があるのは自分だけで、ほかの人には波及しないと。

でも、予想もしないことでしょうが、インフルエンザ注射を受けないという選択は、別の人が病気になったり、入院したり、果ては死亡したりする結果につながっていると医師は言います。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.