ビューティ情報『握るだけでも筋力UP! ケトルベルを使った自宅トレーニング10』

2019年11月16日 05:30

握るだけでも筋力UP! ケトルベルを使った自宅トレーニング10

ケトルベルの持ち手はダンベルよりも太いのが一般的で、ただ握るだけでも筋肉が使われます。「ケトルベルの重量バランスやボール部分の動きに対応するには、よりダイナミックな持ち方を身につける必要があります。例えばケトルベルスイングやスナッチを行う場合、ウエイトが動くので体も使って落とさないようにしなければなりません」とピールさんは言います。

年齢を重ねるにつれ、体力や筋肉量は衰えていきますが、ケトルベルを使ってパワートレーニングを行えば、強い筋肉と持久力を手に入れることができます。

「ケトルベルスイングがいい例です。ケトルベルスイングでは、全身の筋肉を爆発的に使う必要があるので、筋力と安定感を高める効果があります」(ピールさん)
  • レップ数:6~12レップを3~5セット
  • 準備するもの:中重量のケトルベル
  • 服装:動きやすいスポーツウェア

1. ケトルベル・デッドリフト

あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

両側動作、つまり両手を使って行うことで、より重いウエイトにチャレンジでき、一度に複数の筋肉群を鍛えられます。ここでは、特にお尻と背中、コアの筋肉を使っていきます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.