ビューティ情報『インフルエンザ予防接種、腫れや痛みはいつまで続くの?』

2019年11月19日 20:30

インフルエンザ予防接種、腫れや痛みはいつまで続くの?

この新たな結果を受けて、CDCはガイドラインを更新し、卵アレルギーの人も「特別な注意を必要としない」としています。

Q5. 注射の後に痛みや発熱があるのは大丈夫なの?

腕
image via shutterstock
「インフルエンザ注射で腕がヒリヒリと痛む(1日くらい)ことがあるのは本当です」とカナダのニューファンドランド・メモリアル大学の臨床助教授(家庭医学)、カイル・スー医師。

まれなケースですが、免疫系がワクチンに反応する可能性もあります。CDCによると、そのため、頭痛、ノドの痛み、発熱などにつながり、1〜2日続くかもしれません。でもやはり、このような副作用はまれです。

インフルエンザ注射を受ける利益は、有害反応のごくわずかなリスクをはるかに上回ります。副作用が心配であれば、主治医に相談するとよいかもしれません。

ノークロス医師いわく、インフルエンザワクチンは「明らかに命を救い、苦痛を軽減します」

こちらも参考に:
インフルエンザQ&A(厚生労働省)

風邪やインフルを寄せ付けない食事は?
風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

Markham Heid/The Most Important Thing You Can Do to Prevent the Flu This Year/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.