ビューティ情報『異常なしと思っていたら…マンモグラフィ検査を受けた女性が告白!』

2019年11月22日 05:30

異常なしと思っていたら…マンモグラフィ検査を受けた女性が告白!

その後、非浸潤性乳管がん(DCIS)と診断されました。これは「乳がんでも、もっとも生存率の高いもののひとつ」と言われるもの。

医療チームは乳房の切除をすすめましたが、それは「精神的に非常に大きなショックだった」とメイヤーさん。


しかし、最初のマンモグラフィから2か月後、メイヤーさんは乳腺切除術を受けます。

「手術は自分で選んだことだったにも関わらず、強制的に体の一部が切断されたかのような感じがしました。がんによって体の一部が盗まれたような気持ちになったんです」

現在、メイヤーさんは検査を受けることの重要性について、他の女性たちにも知ってもらおうとしています。

「私はマンモグラフィを受けるのを決してやめないでしょう。女性たちに、自分の体をいたわり、マンモグラフィ検査を受けるようにと伝えることも決してやめません」

Q1. マンモグラフィはどのような検査ですか?

マンモグラフィー
image via shutterstock
米国がん協会(ACS)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.