ビューティ情報『「朝食を摂らないと、体脂肪が増えて確実に太ります」肥満の意外な原因は?』

2019年12月4日 21:45

「朝食を摂らないと、体脂肪が増えて確実に太ります」肥満の意外な原因は?

目次

・第3回 まとめ
・筋肉は寝ている間に育つ
・朝食を抜くと、確実に太る!
・タンパク質はしっかり。脂質は摂りすぎに注意
・【今日の宿題】二の腕が引き締まる「トライアングル・プッシュアップ」
医師とダイエット中の女性

京都大学名誉教授の森谷敏夫先生は、毎日7時間の睡眠をとり、毎朝しっかり食べてから出勤。筋肉のエキスパートが実践する「睡眠」と「食」の習慣には、きっと学ぶべき理由がありそうです。

第3回 まとめ

  • 筋肉は、寝ている間に育つ
  • 朝食を抜くと、確実に太る!
  • タンパク質はしっかり。脂質は摂りすぎに注意

筋肉は寝ている間に育つ

睡眠
――「睡眠」って、筋肉に関係するんですか?
森谷塾長 :

もちろん、大いに関係があります。寝ているときに放出される「成長ホルモン」は、筋肉のタンパク質合成を促進します。

筋肉は寝ている間に育つ。だから筋トレをするなど、筋肉を傷つけた日はとくに、しっかり睡眠をとらなければなりません。筋肉を効率的に鍛えるには、栄養と同じくらい睡眠は大事。

睡眠時間は7時間が理想だといわれていますが、いま世界で一番睡眠時間が短いのが、日本人の若い女性です。運動しない、十分な栄養も摂ってない、睡眠も足りてない……。これではよい筋肉が育つわけがない。

筋肉が減れば、体脂肪率が増えていき、隠れ肥満へまっしぐら。

――睡眠不足が、肥満につながるんですね。
森谷塾長 :

それだけじゃないですよ。睡眠不足は日本人女性が要介護になる最大の要因「認知症」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.