ビューティ情報『「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴』

2019年12月10日 22:45

「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴

目次

・第4回 まとめ
・糖尿病患者、急増の理由は「運動不足」
・筋トレは、がんの予防にも効果的
・【今日の宿題】テレビを観ながら内転筋強化「クッション挟み」
ごはん

応用生理学とスポーツ医学を専門とする京都大学名誉教授の森谷敏夫先生は、「ダイエットの方法として、安易に糖質制限をすべきではない」という考えの持ち主です。

食事の7割は炭水化物から摂取しつつ、40年近く、体脂肪率ひと桁代をキープしている森谷先生に、「糖質制限」という食事法が生まれるきっかけとなった糖尿病、そしてがんにまつわるお話をうかがいます。

第4回 まとめ

  • 糖尿病患者、急増の理由は「運動不足」
  • 筋トレは、がんの予防にも効果的
  • 糖尿病もがんも、遺伝しない。日頃からの生活習慣、なかでも運動の習慣が大事

糖尿病患者、急増の理由は「運動不足」

糖尿病
――「糖尿病」は遺伝しないって、本当ですか?
森谷塾長 :

ええ、そうですよ。糖尿病は遺伝が主な原因となって発症するものではありません。

私が「糖質はたくさん摂ってもいいよ」と言うと、「親が糖尿病だから、私は糖質制限しないといけない」と反論する人がいますが、そもそも糖尿病は遺伝しない。だから、本人が発症していないなら、糖質制限なんてする必要ありません。

WHO(世界保健機関)が糖尿病の診断基準をつくったのが1950年で、世界的に見ても、それまで糖尿病の患者は、ほとんどいませんでした。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.