ビューティ情報『ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由』

2019年12月11日 19:00

ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

ランニングする女性
image via shutterstock
ランニングを始めたばかり。でも、いつかフルマラソンに挑戦したい! そんな女性のために、青学駅伝部トレーナーの中野ジェームズ修一さんが「走れる体」の作り方を伝授。 簡単なスクワットを積み重ね、 “走らずに走れる脚をつくる”レイヤートレーニングの第4回をお届けします。

4セット目!負荷は5分で5キロ分

中野ジェームズ修一 :

筋トレというと筋肉を肥大させる高負荷・低回数のトレーニングを思い浮かべがちですが、低負荷・高回数のレイヤートレーニングは筋肉の持久力を育てるトレーニングです。個々の動きは簡単ですが、続けてやるとけっこうきついのが特徴。
強度的には1分のレイヤートレーニングで1キロ換算。5分行った場合、約5キロ分の負荷がかかることを目安に構成しています。

「A+B+C+D」という4種類の動きを続けて行う今回は、ランニング初心者にとってはちょっとハードかも。ひとつひとつの動きをゆっくり着実に、体に無理のないようにトライしてみてください。

A「両手を膝の上で組んだワンレッグ・スクワット」
レイヤートレーニングをする女性

1.右脚を後ろに下げ、両手を左脚の膝の上で組む。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.