ビューティ情報『ウコンもしじみ汁も……じつは「間違いだらけ」の二日酔い対策』

2019年12月9日 12:00

ウコンもしじみ汁も……じつは「間違いだらけ」の二日酔い対策

目次

・「〇〇は肝臓にいい」のウソ
・二日酔いと「アセトアルデヒド」は無関係
・二日酔いではなく「二日酔い症候群」
・「二日酔いにならない」人ほど肝障害の危険あり?
二日酔い

いよいよ年末、イベントシーズンの到来です。おいしくお酒を飲みたい人にとって、気になるのが「二日酔い」。アルコールを飲む前にできる二日酔い対策や、効果的な予防法はあるのでしょうか?

『肝臓専門医が教える病気になる飲み方、ならない飲み方』の著者で慶応義塾大学医療看護学部の加藤眞三教授に、二日酔い対策のイロハをうかがいました。

「〇〇は肝臓にいい」のウソ

ウコン

「二日酔い予防にはウコンがいい」、「飲んだ後にはしじみ汁」。どちらもお酒好きにはおなじみの情報ですが、鵜呑みにするのは危険かもしれません。

アルコールに関する医療情報は、専門医の目から見ると誤っていることが多い――そう話すのは、肝臓病、特にアルコール性肝障害を研究してきた加藤眞三先生。

自分の健康を守りたいと考えての行動が、逆に健康を害することもあるといいます。

加藤先生 :

ウコンによる二日酔いの予防効果は、医学的に信頼できる論文に示されているわけではありません。

ウコンの多くには鉄が大量に含まれていますが、飲酒に伴う酸化ストレスは、鉄の存在により加速されます。

そのため、ウコンを毎日大量に摂っていると、アルコール性肝障害を悪化させてしまう可能性があるのです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.