ビューティ情報『寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方』

2019年12月11日 05:30

寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

目次

・1. カフェインを制限する
・2. セージ茶を飲んでみる
・3. 緊張をほぐす
・4. 制汗剤を使う
汗をかく女性
image via shutterstock
いつも手のひらが湿ってる。

じっとしているのに、なぜか脇の下がびしょ濡れで恥ずかしい思いをしてしまう。それは「多汗症」かもしれませんね。

多汗症はそう珍しい病気でもなく、米国では4.8%の人にあり、汗腺の働きをコントロールする神経が活発になると発症する病気です(ストレス、不安、薬物療法、糖尿病、更年期障害、甲状腺障害の影響で、汗腺から過剰な水分が分泌されることがあります)。

「本当に問題なのは、汗をかくことよりも心理的、精神的、社会的に影響がある面。汗が気になってしまい、誰にも言えず苦しんでいる人も多い」と、ジョンズホプキンス大学医学部、発汗障害センターの外科教授であるマルコム・ブロック医師。

過剰な発汗のために毎日つらい思いをしているならば、次の汗を止める方法を試してみて。

1. カフェインを制限する

コーヒー
image via shutterstock
研究によると、活動前にカフェインを含む飲み物を1、 2杯飲むと、汗をかきやすくなり、汗の量も多くなります。

「カフェインを摂ると神経の働きが過度に高まってしまうので、汗が気になる場合には摂取量をできるだけ減らすのはどうでしょう」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.