ビューティ情報『冬でも大きな脇汗ジミに…「多汗症」4つの治療方法』

2019年12月12日 05:30

冬でも大きな脇汗ジミに…「多汗症」4つの治療方法

目次

・5. ボトックス注射をする
・6. 経口薬を検討する
・7. ミラドライ(MiraDry)を調べる
・8. 手術(内視鏡的胸部神経遮断術)
汗を拭く女性
image via shutterstock
夏でもないのに汗がひどいのは、多汗症かもしれません。

多汗症はそう珍しい病気でもなく、米国では4.8%の人にあり、汗腺の働きをコントロールする神経が活発になると発症する病気です(ストレス、不安、薬物療法、糖尿病、更年期障害、甲状腺障害の影響で、汗腺から過剰な水分が分泌されることがあります)。

前回に引き続き、多汗症の対策を専門家に聞きました。

  • カフェインを制限する
  • セージ茶を飲んでみる
  • 緊張をほぐす
  • 制汗剤を使うは、こちら。
  • 5. ボトックス注射をする

    ボツリヌス
    image via shutterstock
    脇の過剰な発汗のほか、手のひらや足からの発汗を抑える治療のためにも、しわを取るためのボトックス注射は米国食品医薬品局(FDA)から承認を受けています。

    発汗を促す化学物質の働きを抑えることで、汗腺に働きかける体内のシグナルを遮断するのです。国際多汗症学会の会長であるディー・アンナ・ガッサー医師は、「ボトックス注射は効果的で安全性に優れた治療法です。1回治療すると一般的に効果が7か月続くので、患者には1年に2回通院してもらいます」と説明。

    脇の下ではあまり痛みはありませんが、末端神経のある手や足では痛みが強まることもあります。

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.