ビューティ情報『生理前は酔いやすい? 女性がお酒に注意したい3つの理由』

2019年12月13日 06:30

生理前は酔いやすい? 女性がお酒に注意したい3つの理由

目次

・1.女性の飲酒率が増えている
・2.男性よりアルコール性肝疾患を起こしやすい?
・3.女性がお酒に酔いやすい理由
・4.生理周期で「酔いやすさ」が変わる?
・5.お酒の一日あたりの適量は?
お酒を飲む人

そろそろ年末に向けて、飲み会の予定も増えてきた頃でしょうか。集まる日が決まったら、女性の場合、自分の体調――とくに生理周期も確認しておいたほうがよさそう。管理栄養士の河村桃子さんが、女性の飲酒の注意点を解説してくれました。

  • 女性の飲酒率が増えている
  • 男性よりアルコール性肝疾患を起こしやすい?
  • 女性がお酒に酔いやすい理由
  • 生理周期で「酔いやすさ」が変わる?
  • お酒の一日あたりの適量は?
  • 1.女性の飲酒率が増えている

    赤ワインを飲む女性

    ここ数年、男性の飲酒率に目立った増減がないのに対して、女性の飲酒率は増加傾向にあるといわれます。

    管理栄養士の河村桃子さんが注目するのは、「生活習慣病のリスクを高める量のお酒を飲んでいる女性」が増えているという事実。厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、平成22年の調査では7.5%でしたが、平成29年には8.6%まで上昇していました。

    2.男性よりアルコール性肝疾患を起こしやすい?

    ダメージを受けた肝臓

    このデータを河村さんが問題視するのは、女性の体質によるところが大。

    「女性は男性に比べてお酒に弱い傾向にあり、アルコールを代謝する能力は男性の3/4程度しかない(「Diet Plus」より引用)」ともいわれています。

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.