ビューティ情報『お腹の中で「ビール」を作り、酔っぱらっちゃう奇病って!?』

2019年12月14日 05:30

お腹の中で「ビール」を作り、酔っぱらっちゃう奇病って!?

目次

・炭水化物が腸内でビールに
・醸造酵母のせいだった!
・たまに起こりうるケース
・自家醸造症候群のメカニズム
・自家醸造症候群のサインは?
・自家醸造症候群は治療できるの?
ビールを飲む人
image via shutterstock
お酒を飲んでないのに、飲酒運転で捕まった!

そんなことが、実際に海外で起きたそう。英国の有名な医学誌が伝えています。

炭水化物が腸内でビールに

自家醸造症候群と呼ばれる珍しい病気になったこの男性(46歳)は、炭水化物を口にすると腸内でビールのような物質が作られるように。ついには症例として医学誌で報告される結果になったのです。

男性の情報は明かされていませんが、『BMJ open gastroenterology』誌の報告では、男性が2011年に親指をケガして抗生物質による治療を終えてからおよそ1週間後、めまいや物忘れ、頭がぼんやりする、攻撃的になるといった問題が現れはじめた詳細を伝えています。

医師にもどこが悪いのかわからず、男性は精神科医を紹介され、2014年には抗うつ薬を処方されることに。しかし症状はよくならず、ある朝、男性は飲酒運転で警察に車を停められました。

男性はアルコールを全く飲んでいないと話しましたが、飲酒検査器によると当初の血中アルコール濃度は200mg/dL。男性の体重はおよそ100kgでしたから強いお酒を11〜14杯飲んだことになります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.