ビューティ情報『外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます』

2019年12月5日 22:45

外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます

目次

・女性の5人に1人が悩む外反母趾。しかし病院に行っても……
・やってはいけない! 合わない靴を履き続けること
・外反母趾の原因は母趾ではなく、足のアーチ崩れによる結果
・インソールは趾を変形させない予防にも
・アキレス腱ストレッチで足の負担を軽減!
外反母趾の女性

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダ戦略術」。前回は「更年期のサインの冷え」について、お届けしました。今回は、「外反母趾(がいはんぼし)など趾(ゆび)の変形のケア」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

女性の5人に1人が悩む外反母趾。しかし病院に行っても……

外反母趾の足

外反母趾は、足の母趾(親ゆび)のつけ根が飛び出し、母趾が「くの字」に曲がってしまう病気です。私たち女性の5人に1人といわれるほど、身近な足のトラブル。悪化すると、極端に弯曲し、付け根の骨が外に突き出てきます。

「当クリニックを受診する患者さんのうち、女性の受診理由のトップが外反母趾です。初期の段階で病院を受診して、痛みを訴えても、“変形がまだ軽度だから様子を見ましょう”と言われてしまいます。

その後、進行して、かなり母趾(親ゆび)が変形してしまい、合う靴がなかったり、靴を履くときに不便で受診すると、今度は“痛みがないので様子を見ましょう”と言われました……。こんな話を患者さんからよく聞きます。

その結果、外反母趾はドラッグストアでケアグッズを買って、限界まで我慢している……という人が非常に多いのです」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.