ビューティ情報『外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます』

2019年12月5日 22:45

外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます

と足を専門に診る医師、桑原靖先生(足のクリニック表参道院長)。

初期は、母趾(親ゆび)があらぬ方向へ曲がろうとすることから、痛みが強く出ます。しかし、変形はそれほどしていません。

徐々に進行していくと、今度は関節が完全に脱臼することで、母趾は大きく変形しますが、逆に痛みはなくなることが多いと言われています。

やってはいけない! 合わない靴を履き続けること

合わない靴

年齢とともに、「趾(ゆび)が変形して痛い……」と悩む声が増えてきます。しかし、その始まりは、もっと早くから起こっていると桑原靖先生は指摘します。

「女性の場合は妊娠、出産時にリラキシンという靭帯を緩め、骨盤を開くホルモンが分泌されています。この影響が骨盤だけでなく、全身の靭帯にも及び、足の歪みや形の崩れのきっかけになるのです。この時点で気づかず、年を経て症状が進み、更年期に出現することが多いのです」(桑原先生)
趾(ゆび)の変形は、合わないサイズの靴によっても起こり得ます。筋肉は伸ばすよりも、曲げるほうが強く作用します。形が崩れバランスが悪くなると、趾(ゆび)は、より地面を捉えようと曲げるための筋肉がどんどん強くなります。

下記のチェックリストのように、歩行時に趾(ゆび)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.