ビューティ情報『外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます』

2019年12月5日 22:45

外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます

初期の外反母趾なら、インソールを使うだけで痛みが出なくなり、足の変形の進行も防げます。アーチを支えるインソールはさまざまなものが売られていますが、しっかり試着して購入しましょう。

「自分の足に合ったものでなければ意味がないので、できれば治療用のインソールをオーダーメードでつくったほうがいいでしょう。足の専門外来では、ひとりひとりの患者さんの足に合ったインソールを、医師の処方のもとで、専門の義肢装具士がつくります」(桑原先生)

インソールは予防にも大切です。靴は、なるべく足を甲、かかと、土踏まず(インソール)の3点で支えられる靴を選ぶことが大切です。このうち、どれかが欠けていると靴の中で足が前後に移動し、趾(ゆび)先に負担がかかります。

インソールのない靴を履くときは、体重が足にかかって、ベタッと足裏が広がったときに、趾(ゆび)が靴に当たらない空間的余裕のあるものを選びます。ヒールは、4cm以内で安定感のあるものならOKです。

「適切な靴やインソールを使用していても、変形してしまった趾(ゆび)が元に戻るわけではありません。特に進行して関節が完全に脱臼してしまうと、足の構造全体が一気に崩れてしまいます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.