ビューティ情報『やりすぎはNG!自然で綺麗なシェーディング&ハイライトの入れ方』

やりすぎはNG!自然で綺麗なシェーディング&ハイライトの入れ方

2017年9月1日 22:31
 

目次

・入れるだけで小顔、鼻高美人に!ハイライトとシェーディングの魅力
・ハイライトとシェーディングの役割
・ハイライトの上手入れ方と注意点
・シェーディングの上手な入れ方
やりすぎはNG!自然で綺麗なシェーディング&ハイライトの入れ方


入れるだけで小顔、鼻高美人に!ハイライトとシェーディングの魅力

やりすぎはNG!自然で綺麗なシェーディング&ハイライトの入れ方


顔の奥行は光と影の加減で変わります。

人は脳内で光が当たっているところを手前、影のところを奥まっていると認識します。

その原理を応用して化粧すれば、顔が大きい、横に広い、おでこが広いなどの悩みがある方も、まるで整形した下のレベルで小顔になることが出来ます♡

お化粧の技術をワンランクアップしたい方にぜひそろえていただきたいのが、「ハイライト」「シェーディング」用のコスメです。

スティックタイプや筆をつかうパウダータイプ、クリームタイプなどがあります。

ハイライトとシェーディングの役割

やりすぎはNG!自然で綺麗なシェーディング&ハイライトの入れ方


ハイライトは地肌よりワントーン明るい色を使います。

光があたり手前にある、もしくは高さが高いように錯覚させたい場所に入れていきます。

入れる場所は、Tゾーン、頬骨から目じりにかけて、あご。

ここにハイライトを入れることで、鼻筋の通り、目がくぼんだ外国の女性のように凹凸のはっきりした顔に見せることが出来ます。

一方シェーディングは地肌よりもワントーン黒い色を選びます。

影を人工的に作り、顔の面積を小さく見せたり、奥行きを作りだしメリハリのある顔を作ることが出来ます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.