検査をするなら気になる点は徹底的に!健康診断の追加オプションで自分の体のことをもっと知ろう

2017年10月13日 08:01
 



健康診断の追加オプションって?



出典:aijiro/Shutterstock.com

会社から健康診断ですと言われ問診票を書いて検査を受る人も多いと思いますが、検査の内容って既に決まっていますよね。

健診に行くと身長・体重、レントゲン検査、尿検査など順番に行って後日結果が送られてくる。

この基本の検査は会社が決めていますよね。

でもこの健康診断、自分の希望によって追加オプションを申し込めること知っていますか?

会社によって1つまでならお金を出してくれるところもあれば、追加オプションはすべて自費という会社もあるので事前に確認してくださいね。

私は勤めていた会社は検査によっては何年かに1回は会社負担で受けらました。

実際、その追加オプションでアレルギー検査をしたところハウスダストアレルギーという事がわかりました。

実は実家で猫を飼っていたんですが、猫のいる1階に行くとくしゃみがでたり体調が悪いとかゆくなったり目が赤くなっていたので猫アレルギーなのかな?と思っていたんです。

でも実際は猫アレルギーではなくハウスダスト。

こうやって自分の正しいアレルギーを知れば対策も正しくできます。

みなさんも健康診断を受ける前に追加オプションについてチェックしてみて下さいね♡

おすすめの追加オプション



出典:wavebreakmedia/Shutterstock.com

年齢によっても受けておきたいおすすめの追加オプションは違ってきます。

実際にどんな追加オプションがあるのかご紹介していきます♡

・骨粗しょう症

腰椎・大腿骨のX線検査で骨密度を調べるオプションです。

年齢を重ねるにつれて骨密度が減少してしまいます。

骨密度は若い頃の蓄積ともいわれていますが、早ければ30代後半~受けるのがおすすめです。

50代後半からは毎年受ける事を推進するお医者さんもいらっしゃるそうです。

費用の目安は5000円前後です。

・CA125を含む血液検査
健康診断で血液検査が含まれているものは多いので大丈夫と安心するのはまだ早いです。

その血液検査にCA125の項目があるかをチェックしましょう。

CA125は卵巣がんを見つける腫瘍マーカーの検査を指します。

20代だからまだ若いし大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、若い時にガンが見つかると進行が速いので大変危険です。

またガンは30代からどんどん増えてきますので受けておきたい項目です。

・乳がん検査

乳がん検査は20代30代、さらに発症率が上がる40代、年齢に関係なく受けて欲しい検査です。

検査はマンモグラフィーと超音波検査(エコー)がありますが、どちらも受けておくとベターです。

最近では自治体で2年に1回無料、東京江戸川区は毎年無料など力を入れている所も多いので追加オプションを申し込む前に調べておくといいでしょう。

・アレルギー検査

先ほど私も行ったと紹介したアレルギー検査。

血液を採取するだけで分かるので簡単にできます。

血液検査を受ける前に申請しておけば追加で採血されることもないので安心です。

アレルギーは弱いものもあれば生活に支障をきたすものもありますので自分の体質を知っておくのもおすすめです。

貧血検査なども気になる方は相談してくださいね。

・子宮頸がん

こちらも女性特有の病気です。

年齢関係なく性交渉の経験があれば子宮頸がん検査も受けるようにしましょう。

女性は妊娠・出産などで少しの体調の変化で病院にいったりできず自分の事が後回しになってしまう事があるので早期発見のためにしっかり検査を受けておきましょう。

いかがでしたか?

健康診断を受ける前にオプションをチェックし、気になるものは受けておきましょう

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.