ぷよぷよお腹を撃退!短時間で続けやすいエクササイズ3選  

2017年11月14日 22:31
 



ぷよぷよお腹の原因は?

Voyagerix/Shutterstock.com
運動をしたり、食事制限をしたり、どれだけダイエットを頑張っても、なかなか取れないのがお腹のお肉です。

ぴったりとした服を着た時に下腹がぽっこり出てしまうのはちょっぴり残念…。ぷよぷよしたお肉をすっきり引き締めたいものですよね。

そんなぷよぷよお腹の原因は一体なんでしょうか?

脂肪がついたり、便秘がちでお腹が張るなども一因ですが、主な原因は実は筋力の低下にあるのをご存知ですか?

普段から猫背などで姿勢を悪くしていると、お腹の周りの筋肉が低下してしまいます。

筋肉が足りないと内臓をしっかりと支えることが出来ずに、重力で下に下がってきてしまうのです。

これが下腹がぽっこり出てしまう原因なんですね☆

では、どうやったらすっきり引き締まったお腹になることが出来るでしょうか?

答えは腹筋を鍛えるエクササイズにあります♪

短時間で行える、簡単なエクササイズをご紹介しますので、ぜひトライしてみてくださいね!

呼吸のエクササイズ

Robert Kneschke/Shutterstock.com
最初にご紹介するのは呼吸のエクササイズです。

実は呼吸って筋力アップのためにもとっても大事なんです。

下腹ぽっこりが気になる人は、意外に正しく呼吸が出来ていないことも。

呼吸を正しく行うと、横隔膜が鍛えられて、新鮮な空気をたっぷり吸い込むことが出来るようになります。

身体に酸素が十分行き渡ると、血行が促進されて新陳代謝も活発になりますし、筋力アップにもつながるんです。

①仰向けで寝て、膝を曲げる。

②息を深く吸い込み、お腹を膨らませる。吐いてへこませる。

③息を吸う時にお腹をへこませる。吐いてもとに戻す。

④息を吸い、お腹を最大限膨らませる。息を細く長く吐きもとに戻し、吐ききった時のお腹のへこみをキープ。

⑤お腹のへこみをキープしたまま、呼吸を繰り返す。

②~⑤を10回程度繰り返します。お腹をへこます時は、おへその下にある丹田というツボを意識するのがコツですよ♪

この場所は身体の中心で、気が集まると言われる部分。ここに圧をかけるようなイメージでお腹をへこませましょう。

ヒップウォークのエクササイズ

kei907 /stock.adobe.com
座った状態で、お尻で歩くエクササイズです。

簡単に出来て、短時間でも効果を出しやすいのでおすすめですよ♪

①床に座り足をまっすぐ前に伸ばす

②両腕は胸の前で交差させる

③その姿勢を保ったまま、お尻を左右交互に前に出して進む。10歩進んだら10歩下がる。

お尻歩きをすると、骨盤のゆがみが解消されるので、内臓が正しい位置に戻りやすくなるので、すっきりとしたお腹にちかづけることが出来ます。

テレビを見ている時など、ついでに行えるエクササイズなので続けやすいですよ♪

ヨガのエクササイズ

byheaven /stock.adobe.com
ヨガのポーズもおすすめですよ♪

船のポーズは、ヨガに通っている方ならお馴染みのポーズかもしれません。

船のポーズは、お腹の筋肉に働きかける代表的なポーズで、ぽっこりお腹にも効果的です。

腸を活性化させる効果もあるので、便秘がちな方にもおすすめのエクササイズです。

座った状態で行えるので、自宅での空き時間などにリラックスしながら取り組んでみてくださいね♪

①体育座りをし、両腕はまっすぐ前に伸ばす。

②膝を伸ばして足先を上げ、足全体をまっすぐに持ち上げる。

③息を深く吸い込みながら、この姿勢をキープ(10~20秒)。

④ゆっくりと息を吐き足を下す。

最初は少しきつい体勢かもしれません。その場合は身体の横に手をついて行うなど、無理のないように徐々にステップアップしてくださいね♪

足を伸ばす時に背中が丸くなりがちなので、背筋は伸ばした状態で良い姿勢で行いましょう。

いかがでしたか?

簡単なエクササイズばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!普段の生活でも、常に下腹を引き締めるように意識することも効果的です。運動不足解消もかねて、楽しくエクササイズを続けましょう♪

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.