ビューティ情報『気になるダイエットの都市伝説、それってホントなの?』

気になるダイエットの都市伝説、それってホントなの?

2017年11月14日 19:31
 

目次

・食事編
・運動編
・その他編
気になるダイエットの都市伝説、それってホントなの?


食事編

気になるダイエットの都市伝説、それってホントなの?
Poznyakov/Shutterstock.com
【朝食は食べたほうが痩せる】

→ホント!

朝食を食べないと単純に摂取量が減るので、抜いた方が痩せるのでは?と考える人もいると思います。

朝食を食べると胃腸が動きエネルギー消費を促してくれるので、その後の1日の行動でカロリーを消費しやすくなります。

また、食べないと夜から昼まで食事を摂らないので昼食に食べる分をドカ食いしてしまったり、必要以上に体内に蓄えようとしてしまったりするので要注意です。

とはいえ、3食とも全て満腹まで食べると太ってしまうので加減はしてくださいね。

【炭水化物を抜くと痩せる】

→ホント!…だけど注意!

主食というと基本的に炭水化物を食べることになりますので、それを抜くと摂取カロリーが減るので痩せていきます。

しかし、その炭水化物抜きの生活をずっと続けられますか?

そうでないと、炭水化物を食べ始めてからリバウンドする可能性が高いです。

また、炭水化物は脳や体のエネルギー源になるので、完全に抜いてしまうとイライラしやすくなったり疲れが取れづらくなったりしてしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.