ビューティ情報『赤リップ、使い方が難しいって思ってない?垢抜け感を出すための一手間とは♪』

2018年10月5日 22:15

赤リップ、使い方が難しいって思ってない?垢抜け感を出すための一手間とは♪

目次

・赤といっても色々な赤がある。自分に合う赤を見つけよう!
・垢抜けする赤リップの塗り方
・全体のバランスを考えてメイクしよう
赤リップ、使い方が難しいって思ってない?垢抜け感を出すための一手間とは♪


赤といっても色々な赤がある。自分に合う赤を見つけよう!

赤リップ、使い方が難しいって思ってない?垢抜け感を出すための一手間とは♪
Kanon @cosmeholic___

赤には様々な種類が存在していることをご存知でしょうか?

赤だけではなく、カラーは一言では表せられないぐらい沢山の種類があります。

またブルーベースの方と、イエローベースの方とでは似合う赤が異なります。ブルーベースの方がイエローベースの方向けの赤リップを塗ると垢抜けません。逆も同じです。

似合う赤リップを塗ることでお顔もパッと華やかになりますよ♡

ブルーベース向け赤リップの定義

ブルーベースの方は、頬や唇の色が赤みのある方、手のひらがピンクの方などが当てはまります。

このようなブルーベースの方は、ローズ系赤リップをチョイスしましょう。

ブルーがかった色が良く似合います。

逆に、黄色の混じった朱色寄りの赤リップを塗ると、お顔がぼやけ唇だけ悪目立ちする仕上がりに。

イエローベース向け赤リップの定義

手のひらがオレンジ系、血管が緑、ゴールドのアクセサリーが似合う方などがイエローベースと言われています。

イエローベースの方は、ブルーベースの方とは反対に黄み寄りの赤リップをチョイスしましょう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.