ビューティ情報『2018年のメイクは、旬のカラーを取り入れて…♡』

2018年のメイクは、旬のカラーを取り入れて…♡

2018年1月7日 21:31
 

関連リンク

・毎日続けたい“お酢ドリンク”!体と心を整えよう
・「今日から始めるワタシ磨き」紫外線の美への影響&イガリシノブさん提案!春のお肌とメイクとは?
・ニキビ・シミにお悩みの方必見!漢方コスメの作り方をご紹介!


新時代の「囲み」アイメイク

mari @mco.12
2018年のメイクの一番大きな特徴は「囲みアイメイク」。「囲み」と言っても、一昔前のギャルのような真っ黒のリキッドアイラインでぐるりと囲むキツイ印象のメイクではありません。

下まぶたにもシャドウやラインをプラスする、という程度の意識でOKですよ!

新しいトレンドの囲みアイメイクは、肌の色が透けるような自然な色味のアイシャドウやアイラインを使って、あくまでもナチュラルに盛るのがポイント。ナチュラルな陰影にこだわることで、もともと彫りが深いハーフ顔のように仕上がります♡

冬場はバーガンディーカラ―などの少し濃いめのシャドウを使ってがっつりと囲み、モード系のおしゃれ顔に仕上げるのも素敵!「囲み」をキーワードにして、季節や場面に合わせて雰囲気をチェンジしてみましょう♪

光をプラスする立体フェイス

濱田あおい@aoihamada
2017年のトレンドとなっていたのが「ツヤ肌」メイク。2018年はツヤ感をしっかりキープしつつ素肌っぽいマットさをプラスしてナチュラルに仕上げた「セミマット肌」がトレンドとなりそうです♪

また、2017年流行した「コントゥアリングメイク」では、濃いめのブロンザーを使ったシェーディングで立体感を作り出す「影」の演出がポイントでした。2018年はそのトレンドが一転し、「光」をプラスして立体感を演出する波が起こりそうです!

これまでのパウダーを乗せるタイプのハイライトだけでなく、クリーム状の塗るハイライトやピンク系・イエロー系など様々なタイプのハイライトが登場しています。今まで使っていたハイライトをトレンドのものに変えるだけでも、最先端を目指せるかもしれません♡

2018年のベースメイクのキーワードは「セミマットなふんわり感」と、「ハイライトの立体感」のふたつ。今のうちに押さえておきましょう♪

アイシャドウは「ピンク」「ミント」「グリッター」がトレンド!

HAZUKI @hazuki.cosme
2018年はカラ―で遊び心を取り入れたアイメイクのトレンドが来そう。アイシャドウは3つのポイントを押さえておきましょう。

一つは、2017年に引き続き人気が出そうな「ピンク」。ヌーディ―なセミマット肌には、深みのあるレッド系のマットなピンクが良く合いますよ♪

そしてもう一つは、2018年の流行色として発表されている「ミント」。寒色系アイカラーは苦手という方も多いと思いますが、グリーンの要素が入ったミントカラ―は意外と日本人の肌に馴染みのいい色なんです。アイラインなどで遊び心をプラスするのもおしゃれですね!

最後のポイントは、「グリッター」。ツヤ肌メイクが進化して、パールやラメよりもインパクトのあるグリッター感の強いキラキラシャドウが旬なんです!普段のアイシャドウにグリッター感をプラスするアイテムも登場しているので、気軽に取り入れることができそうです♡

赤リップはいったん落ち着く?ヌーディ―リップが旬

濱田あおい@aoihamada
2018年のトレンドメイクが目指すイメージは「健康的」で「ナチュラル」な仕上がり♪

リップメイクもそれに合わせてヌーディ―なカラ―がじわじわ人気を集めていて、ここ数年大ヒットを飛ばしていた赤リップのトレンドもいったん落ち着く模様です。

肌馴染みの良いコーラル系のピンクやベージュのリップに、パープルやブルーなどの寒色グロスをオンして深い色合いを作り出すのが上級者テクニック♡深みのある「囲み」アイメイクに合わせて、リップメイクも落ち着いた深みの色合いを作れば、抜け感が生まれてとってもおしゃれです♪

また、リップにも「セミマット」な質感のトレンドが来ています。2017年に流行したマットリップに少しツヤ感が加わり、自然な立体感を作り出すことができますよ♡

トレンドメイクは先取りが基本♡いち早く旬顔を目指しちゃいましょう♪

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.