ビューティ情報『英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術』

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術

2018年2月10日 17:01
 

関連リンク

・肌荒れの時こそシンプルケアを!お守りコスメも常備しておこう
・コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く
・ゆにばーす・はらの「無加工盛り写真」にネットがざわつく
英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術


英国王室風メイクが話題

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術
_sa__csm @_sa__csm
英国王室のロイヤルファミリーであるキャサリン妃や、ヘンリー王子の婚約者であるメーガン・マークルさんのファッションやメイクは、上品で知的な印象を醸し出していますね。

シックなメーガンさんと、可愛らしいキャサリン妃。それぞれ雰囲気は異なりますが、どちらも品格に溢れた大人の女性として、憧れを抱く人が続出しています♡

今回は、そんな英国王室風の上品顔に近づく、メイクポイントをご紹介しましょう♪

メーガン・マークルさんに学ぶ上品メイク

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術
Solomiya Malovana/Shutterstock.com
ヘンリー王子の婚約者であるメーガン・マークルさんは、アメリカの女優でもあります。

テレビドラマ「スーツ」の中でも知的でスタイリッシュな魅力を発揮し、大ブレイクしました。

母親がアフリカ系ということもあり、健康的な肌色やエキゾチックな顔立ちからも美しさが溢れていますね♪

早速そのメイクのポイントを見ていきましょう!

①キリッとしたオードリー眉

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術
Olena Yakobchuk/Shutterstock.com
メーガンさんのように端正な印象を作るポイントは、キリッとした太眉にあります。

まるで映画のオードリー・ヘップバーンのような眉です。

最近はまさに太眉ブームなので、流行の先端でもありますね☆

眉の形はアーチを付けずまっすぐに。

そして眉頭から眉尻に向かって少し上がるように描くのがポイントです。

こうした眉は目元の印象を強調し、知的なまなざしに見せてくれる効果も。

意外と誰でも似合う眉の形なので、ぜひトライしてみてくださいね♪

②スモーキーブラウンのアイメイク

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術
Miho @mhpitty
目元に使う色はブラウンなどスモーキーなカラーを選びましょう。

ブラウンのグラデーションパレットで、明るい色をアイホールに伸ばし、ブラウンのキーカラーを二重の幅に伸ばします。そして目尻の3分の1くらいの部分まで、ダークブラウンのアイカラーを重ねます。

華やかさをプラスするなら、ブラウンになじみやすいゴールドをさりげなく重ねてみるのも良いですよ♡

③チークやリップはシックなワントーンで

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術
satsuki @satsuki_m_orisue
メーガンさん風のメイクは、色を沢山使わずブラウン系のワントーンで抑えるのが特徴でもあります。

チークも肌なじみの良いブラウン系のシックなカラーを選ぶのがおすすめです。

ほほ骨にそってチークをのせて、凛としたシャープな印象に仕上げましょう。

リップも唇だけ浮いてしまわないよう、コーラルやベビーピンクなど自然な唇のカラーになじむ優しい色味を選ぶとワントーンメイクが完成します。

キャサリン妃が愛用のロイヤルチーク?!

英国王室に学ぶ!品格溢れる上品なメイク術
poo♡ @11po27
チャーミングで可愛らしい印象のキャサリン妃は、上品でヘルシーなメイク。高感度の高い愛され顔と言えますね!

ファンデーションも薄目で、アイカラーなども自然な陰影を付けたナチュラルな仕上がりです。

中でも血色がにじみ出たようなチークは、キャサリン妃ならではの特徴と言われています。

キャサリン妃風のチークは、笑顔になった時にほほが一番高くなる位置に、丸くぼかすように入れるのがポイントです♡

このチークの入れ方は、可愛らしく、幸せ感のある印象になりますね!

チークカラーは明るいサーモンピンクを使いましょう♪

キャサリン妃の愛用チークは、NARSの「オーガズム」というカラーだと言われていますよ。

サーモンピンクは日本女性に多い黄みよりの肌にも似合うカラーです。

自然な血色感が演出出来て、健康的でナチュラルな印象に見せてくれますね♡

キャサリン妃と同じカラーを使ってみても良いですね!

いかがでしたでしょうか?

自然体でありながらも、気品が感じられるのがロイヤルセレブならではのメイクの特徴です。

英国王室風のメイク術を取り入れて、憧れの女性像に近づきましょう♡

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.